ビジネスホンはリースがオススメ

家庭や職場などさまざまな場面に登場するアイテム、それが電話です。
電話会社が民営化されて以降、さまざまな高級な電話機が市場に登場し普及しました。
なかでもビジネス用途の電話機はビジネスホンと呼ばれ、より高度な機能が搭載され、多くの企業で採用され利用されています。
一方で高機能なあまり価格も高価になりがちで、ビジネスホンの利用に慎重な企業も実は少なくありません。このサイトではそんなビジネス用電話機をお得に利用するためのアドバイスができればと思っています。

ビジネスホンの写真

ビジネスホンの定義

一言でビジネスホンというとビジネス用途で利用される電話機を想像しがちですが、実はこの定義は正しくありません。
中規模以上の企業においては複数の外線電話回線と電話番号を複数の電話機が共有し、また共有した電話機間相互で内線通話をしたりかかってきた電話を転送したりする機能が電話機に求められています。ビジネスホンとは電話機単体ではなく、そういった企業用電話システム全体をビジネスホンと呼ぶことが一般的であるようです。

ビジネスホンが一部で敬遠される理由

前述したとおりビジネスホンは電話機単体ではなく電話全体のシステムを指します。
当然ビジネスホンの導入には一台の電話機の交換で済む話とはならず、システム全体を交換する必要があります。そのためただでさえ各電話機単体に高機能が求められ価格が高くなりがちなところに、全てを一度に全て交換させるために高い出費を余儀なくされ、その結果どうしてもビジネスホンの導入に抵抗感を感じる企業が少なくありません。
また、固定ipを利用したVPNを構築している場合、一部使えなくなる場合があります。

リースでお得にビジネスホンを導入

導入コストの大きさからビジネスホン導入を躊躇する企業も少なくはありませんが、敷居を低くする方法が実はあります。それがリースを用いた導入です。一般的にリースといえば自動車や重機を思い浮かべる人が多いと思いますが、コピー機やFAXなどのビジネス機器とともにビジネスホンもリースによる利用ができるのです。このサイトではビジネスホンについての様々な事柄や、リースについて解説していきます。